<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

講談毎日亭~如月一週間~   

f0008737_23594081.jpg

上方講談・「講談毎日亭~如月一週間~」
公演期間:2月7日(土)~2月13日(金)
鑑賞日:2月7日(土)、会場:鶴橋・雀のおやど

ご出演(出演順)
旭堂南青さん「毒婦 高橋於傳」
旭堂南湖さん「探偵講談 双子の犯罪」
旭堂南海さん「水戸黄門 関西漫遊」

以下は、南海さんの演目「水戸黄門 関西漫遊」の感想です。

岡山・西大寺門前町の両替商の一人息子が、池田藩ご家中の侍の息子に言いがかりをつけられ、命を取られそうになる。それを黄門様が救うという話。1週間7日間続き読みで結末まで行くので、昨日はその1日目。南海さんの講談はさすがの貫禄、序盤は爆笑につぐ爆笑で観客をひきつけ、終盤は、強いものに踏みにじられる庶民の人生、「弱者」というのではない、民のプライドをくっきり描いて巧み。殺されに行く両替商の息子が両親に言う、毅然として、心優しいセリフがいい。

裸の男達がぶつかり合い、神木を奪い合う、西大寺裸祭りの描写。群集の動きをほんとうに巧みに語られるなあと思った。俯瞰した映像を見てるような気持ちになる、映画のような語りなのだ。

1つの話を1週間続き読みして完結させる会なので、「果たして助かるのでしょうか?!
(口調を軽めに変えて)いや、もちろん助かるんですがね!(会場一同爆笑)
続きはまた明日」という形で終わっていました。初日しか拝見できなかったのが残念。
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:43 | 古典芸能

松井今朝子さんのNHK「知る楽」   

NHKの「知る楽」という番組、3月30日(月)から毎週月曜夜「極付歌舞伎謎解」が開始。
松井今朝子さんが、講師として8回連続でご出演。
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/mon/index.html

松井さんのブログを愛読している私は、
http://www.kesako.jp/kesako_archives/default/1095.html
これは録画して見なければ!と、27日にテキスト『極付歌舞伎謎解(きわめつきかぶきのなぞとき)』も早速買って、ほとんど読みました。

松竹に入社されて歌舞伎の制作・演出をなさる前は、早稲田の演劇科で近世演劇を専攻されていた方で、早稲田の修士を出てから松竹に入られたというご経歴。もともと学者さんなので、このテキストも、ただのテキストではありません。現在やられている歌舞伎と、その演目が初演された頃の近世演劇界の状況・時代背景、またさらにもっと時代をさかのぼっての歴史などを綿密にわかりやすくきっちり書かれていて(これ1つ1つ根拠になっている江戸時代の文献に当たり直し、確認し直ししたはるなあというのがわかる書きぶり)、脚注も懇切丁寧。学術書の正確な記述を基本にされながら、長年歌舞伎の現場でお仕事をしてこられた松井さん独自の視点での鋭い分析が随所に展開され、「ああ、そういうことなのかあ~」と気づかされる点が多く、よくある歌舞伎啓蒙書とは全く違う、とても内容の濃いものになっています。

講座のテキストだけで終ってすぐに本屋から姿を消してしまうのは、もったいない。書き足していただいて、歌舞伎の解説書として出版していただきたいと思う、とても読み応えのある本でした。

昨日の放送も、観ました!毎週の楽しみができました!
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:39 | 古典芸能

妙心寺展   

f0008737_235379.jpg


「妙心寺展」
3月27日(金)京都国立博物館

金曜日は、夜間開館しているので、夕方から京都まで行く。
手紙や許し状などを軸に仕立てたものが多く出ていた。
昔の偉い人の筆跡というのは、こうやって残って美術として鑑賞できてしまう。文字を書いたり読んだりというのが限られた人しかできなかったということもあるだろうけど、筆跡に個性と迫力があってすごいなあ。

障屏画では、このページの「花卉図屏風」が私好み。
http://www.myoshinji2009.jp/highlight08.html
海北友雪の「雲龍図襖」というのもよかったです。

チラシに使われている「龍虎図屏風」は4月21日から展示とのこと。
後期の展示のほうが有名なものが出ているみたいで、できればもう一度行きたいです。
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:31 | 展覧会

細見美術館開館10周年記念展   

「細見美術館開館10周年記念展 ―琳派・若冲・数寄の心―」
3月1日(日)大阪なんば高島屋
http://www.mbs.jp/event/2009nihon/

よかったです。充実したコレクション。
酒井抱一が好きだな。
若冲や光琳のようにぱあっと派手でないところがよくて、洒脱な感じ。

中高年のお客さんが詰めかけていて、熱気あふれる会場でした。
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:27 | 展覧会

DVD『かけひきは、恋のはじまり』感想   

小山さんが、昨年5月8日付けブログでお書きになっている作品、3月25日レンタル開始のDVD『かけひきは、恋のはじまり』を借りてきて観ました。
http://blog.livedoor.jp/rikiya_no_kimochi/archives/45530.html


いまいち、登場人物と作品世界に感情移入できず、途中で退屈してしまった。ジョージ・クルーニーはかっこいいし、小山さんの吹き替えもかっこいいんだけどな~、「遠い世界の出来事」に見えてしまった。

松本梨香さんのかわいらしいお声は、この役のレニー・ゼルウィガーにはちょっと違うのでは?かわいいけど、毅然とした感じが出せる方のほうが合ってるのではないかという気がしました。
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:22 | 映画・海外ドラマ

DVD『24リデンプション』感想   

『24リデンプション』を借りて観ました。

以下、ネタばれ感想です。

続きを読む
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:13 | 映画・海外ドラマ

映画『オーストラリア』   

2009年映画館で観た映画3本目
『オーストラリア』
2月28日(土)ワーナーマイカルシネマズ

以下、ネタばれ感想です。

続きを読む
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:07 | 映画・海外ドラマ

映画『ハイスクール・ミュージカル』   

2009年映画館で観た映画2本目
『ハイスクール・ミュージカル』
2月15日(日)梅田ブルク7

以下、ネタばれ感想です。

続きを読む
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 23:00 | 映画・海外ドラマ

映画『マンマ・ミーア』   

2009年映画館で観た映画
『マンマ・ミーア』
1月31日(土)ワーナー・マイカルシネマズ

以下、ネタばれ感想です。

続きを読む
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 22:57 | 映画・海外ドラマ

ツナのグラタン風   

f0008737_22484264.jpg


さかのぼり日記です(^^)。
『アーミッシュ カントリークッキング―自然とともに生きるアーミッシュの人々の素敵なメニュー』という本をいただいたので、作ってみた。
「びっくりするほどおいしいツナのグラタン風」。

主菜的なもの、焼き菓子、パン、スープ、サラダ、などいろんなレシピが載っています。大体、1ページで1つの料理を紹介。
各ページに素朴なイラストが添えてあり、翻訳の文章も暖かい雰囲気を伝えるような書き方で、読み物としても楽しい本。具だくさんスープのメニューに惹かれましたので、次は何かスープを作ってみます。
[PR]

by lily63 | 2009-03-31 22:47 | 日々つれづれ