タグ:棒鱈について ( 4 ) タグの人気記事   

棒鱈の写真   

買ってきたところ。もどした棒鱈1匹分の半分を、店頭で一口大に切ってもらったものです。これで700グラムあります。
f0008737_22184863.jpg


一番最初の下茹でが終わったところ。
f0008737_22191173.jpg


出来上がり。これを半分ずつ、両方の親の家に持っていきました。
f0008737_22192313.jpg


●(京都・錦市場の)お店で頂いた棒だら400グラム分のレシピ
(1)1.5リットルの水で、20分間ゆでる。
(2)棒だらが十分つかる水の中に、上かつお20グラム、砂糖大さじ6杯、出し昆布10グラム、化学調味料少量を入れて弱火で約50分間煮る。
(3)薄口醤油大さじ5杯、酒大さじ4杯を加え、再び弱火で約20分煮て、出来上がり。

●あと、こちらのページも大変参考になり、助かりました。有難うございました。
「京都塩干魚卸協同組合」さんのHP内にある、
http://www.kyoto-enkangyo.or.jp/kyouden/boudarani17.html

私の場合、買った分量が700グラムだったので、お店で頂いたレシピの倍量、よりはちょっと少なめの調味料で作りました。

(1)の下茹でに30分ぐらい。
(2)上かつお40グラムぐらい(かつおぶし40グラムは、結構「かさ」がありますね)
砂糖は大さじ10杯ぐらい。倍の12杯では多すぎるかなと思ったので。
出し昆布は、普通にだしをとる時よりはかなり大目で、ちゃんとはかっては入れてません。
この「かつお」「砂糖」「出し昆布」の分量が、最初「多すぎるんじゃない?」と思ってたのですが、さにあらず、甘~い濃いだしで炊くのが、棒鱈特有のくさみを取ってくれたみたいです。約1時間煮ました。
(3)でいよいよ醤油と酒を入れて、仕上げていきます。
醤油は、薄口を大さじ5杯、濃口を大さじ5杯ぐらい。もうちょっと足したかも。
酒は倍で大さじ8杯。
これで約1時間弱火で煮ます。(最初15分ぐらい棒鱈だけで煮てから、下茹でしておいた小芋を入れました)

小芋の下茹では、この料理の場合十分にぬめりをとりたいので、2回水をかえて、3回(10分ずつぐらい)茹でました。

出来上がりでびっくりしたのは、出し昆布が(これは途中で取り出しません、最後まで入れたまま)と~っても美味しい甘辛い味で柔らかく煮えていたことです。もちろん、全部頂きました。棒鱈よりも、昆布の方が美味しかったかも(笑)。
[PR]

by lily63 | 2007-01-13 22:25 | 日々つれづれ | Comments(4)

御挨拶が遅くなりました   

旧年中は有難うございました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
穏やかな良き1年でありますように♪

アオイさん、りんさん、shamonさん、こんばんは。御挨拶が遅くなり済みません。
コメント、有難うございました!嬉しく拝見していました。
どうぞ本年も宜しくお願いします。

サイトのほうにもちょっと書いたのですが、年末年始は、毎年恒例(今年で21回目)、夫の家(奈良)、私の実家(兵庫)と渡り歩き、3日に自宅に戻ってきて、3日の夜はお風呂の掃除を徹底的にやりました(^^)。正月から風呂掃除とは!でも、きれいになって気持ちがすっきりしました。年末は自分の家のことは後回しになるのは毎年わかっているのだから、もう少し、てきぱきと物事を進められるようになりませんとね~。4日から出勤で、通常生活モードに戻ったらほんとにほっとしましたよ。帰る親の家があり、どちらの家族も健康であることは本当に有り難いことなのは十分わかっているのですけれどもね。

で、「棒鱈」でございます。ふふふ、今年は作りましたよ~。29日の午後に、京都、錦まで行って(うちから四条河原町まで1時間ちょっとです)、乾燥の凍ってる棒鱈じゃなく、もどしてあるのが売ってるんですね。それを買ってきました。ちょうど、親の家や親戚の家に持っていくのに、お茶とかお菓子とかお漬物とかちょっとしたものを買いたかったので、四条の大丸で買い物してから、錦へ(大丸の錦小路側出口から出るとすぐ錦市場)。

ということで、戻してある棒鱈一匹、のちょうど半分で700グラム分(お値段は3000円!)を店頭で一口大に切ってもらい、それをぶら下げて大阪まで帰ってきました。

年末の錦って初めて行ったのですが、本当に混んでました。歩けないぐらいに。観光客の方も多いみたいで、私がその棒鱈を買っていると、店頭に切ってない1匹そのままのが並んでいるのを見て、「これは何ですか?」と聞いて行かれる標準語アクセントの女性のお客さんが複数。
ああ、本当に、関東の方は初めて御覧になるのだなあというのがわかりました。

調理前と、出来上がり(小芋と一緒に炊きました)を写真に撮ったので、後日UPしますね。レシピはお店で頂いたのを参考に作りましたが、初めてしにてはまあまあの出来でした。

この3連休はゆっくりできたので、よかったです。6日に、阪急のバーゲンで、赤のマフラーと、赤のセーター(ローズ寄りの赤)を買えて満足。あと、この日は(占いで出た)メンデルスゾーン&チャイコフスキーのバイオリン協奏曲のCDも買いました。甘すぎる、ほんとに甘々のメロディーが、今と~ってもお気に入りで、よく聴いてます。甘いのが心地良いですね。協奏曲って華やかで好きです。のだめカンタービレの原作漫画もハマって読んでますよ。

ということで、今日はここまでで失礼しますね。お休みなさい♪
[PR]

by lily63 | 2007-01-12 02:25 | 日々つれづれ | Comments(2)

棒鱈の続き   

f0008737_13184130.jpg


このブログを見て下さっている方からメール頂いて、関東圏では、おせちの棒鱈というのは、なじみのないもののようですね。

こちらでは、デパートとかで売られるおせち料理のセットにも必ず入っています。
ということは逆に、関西のおせち料理では一般的でないが、関東では必ず入るというのがあるのかも。

「棒鱈」、出来上がりのものというのは、単品で、こんな感じで普通のスーパーで売られています。2、3日前に買いました。
早くも、色々お正月用の食品が並んでいますね。
昨日行ったスーパーでは、白味噌、みりん、薄口醤油、しいたけ、高野豆腐などが
通路側の棚に、ど~んと出されていました。

棒鱈って、わりと高くって、これは598円(135グラム入り)ですが
その横に置かれていた、乾燥してるもので一口大に切ってあるのは
1袋190グラム入り1980円、290グラム入り2980円でした。
乾燥棒鱈を買うなら、ネット通販の方が安いかもしれませんね。
失敗しそうなので、1匹そのままというのは買いません。
(というか、買えないです。ネット上で色々見てみたら1匹1万円ぐらいしてましたよ!)
[PR]

by lily63 | 2006-12-10 13:21 | 日々つれづれ | Comments(2)

棒鱈   

おせちの「棒鱈」って、全国共通ではないんですね。近畿圏だけのものなんでしょうか?
実家を思い出すと、祖母が生きていた頃は、「かちんかちんに凍ったやつ」を
買ってきて戻して煮る(甘辛く)というのを作っていた記憶がありますが
戻すのが大変に面倒で、母も作らなくなり、
おせちの中では、棒鱈は出来上がったものを買ってきて、詰めていました。

なので、私も結婚してから、おせちは毎年作っているものの、
棒鱈は自分で料理したことが一度もなく、いつも味付けされた完成品を買ってくるだけです。
割と高いんですよね。
150グラムぐらいで6~700円ぐらいしてませんでしたか?もっと高い?

うちの近所の普通のスーパーでも、年末になると完成品だけでなく
その凍った棒鱈(鱈の干物ですね)の方も売られていますが、
そちらは余り買っている人を見たことがありません。
もう自宅でそんな面倒な、大きな鱈を一から戻して、ということはしなくなってるのでしょうね。

小山さんの(ラジオでの)お話にも出てきたことだし、今年は作ってみようかなあ。
練習してみないと失敗しそうだけど、正月用の食品だから、まだ出てないよね。
黒門とか行けば、11月の今でもあるのかなあ。

「棒鱈」、皆様のお住まいの所ではいかがですか。
[PR]

by lily63 | 2006-11-23 02:07 | 日々つれづれ | Comments(2)