タグ:北野をどり ( 3 ) タグの人気記事   

北野をどり(会場写真)   

下で書いた記事、京都「北野をどり」の会場、上七軒歌舞練場で撮った写真。1部と2部の間の休憩時間に撮りました。

f0008737_2204590.jpg

緞帳のおりている舞台。座席数どれぐらいでしょうかねえ。2階にも少しだけ客席があったので、合わせて400ぐらい?座席の記号が、ABCでも、あいうえおでもなくて、いろはにほへと順なんです!私の席は、「れの~番」。前の列は、「た」になりますね。そういう所もいいなあと思いました。



f0008737_2244329.jpg

左手側には、地方さんの座る小さな舞台があります。ここに並んで、三味線や唄を歌われます。見えていませんが、この地方さんのおられる舞台の前は花道になっていて、花道も使って演技がされます。




f0008737_2265469.jpg

玄関を入るとすぐロビー、そしてお庭が目に入ってきます。緑が綺麗でした。下が池になってるんですよ。この写真の右手に、先ほどの舞台と客席があります。客席への扉は、ドアではなく、昔の家にあったような、がっしりとした木の引き戸。すべてが古風で素敵でした。
[PR]

by lily63 | 2007-04-29 02:30 | 古典芸能 | Comments(0)

北野をどり(続き)   

昨日4月24日付け朝日新聞夕刊(大阪版)を、帰宅して、見てびっくり!
「北野をどり」の地方さんのことが記事になっている。

「京の花街 生の響き復活
上七軒春の公演『北野をどり』若手邦楽家が助っ人」
の見出し。以下一部引用します。
「京都の花街・上七軒の春の公演『北野をどり』で、邦楽家の「芸大卒ユニット」が活躍している。伴奏の人手不足で近年テープ演奏を採り入れていたが、異色の助っ人のお陰で生演奏が復活した。(以下略)」

私のお友達も、今回地方を務められた助っ人若手邦楽家6人のお一人。わざわざ東京から来られて、連日出演されている。

この新聞記事は、そうやって、上方の素晴らしい芸のためにわざわざ出演しに来て下さって、公演が盛り上がって本当に嬉しいし、有り難う!という、関西人の気持が良く出ている。夕刊の12面でかなり大きな扱い!何だか自分のことのように嬉しかった。
「北野をどり」本日千秋楽です。お近くの方で興味がおありの方はぜひ!!

22日、上七軒に伺う前、差し入れを探しに京都大丸に寄った。和菓子屋さんを色々見てみて、迷ったけど、小さくて、日持ちがして、楽屋の人数が多くても皆さんで少しずつ分けて頂けるものというので、筍をかたどったのとかが入っている、季節感のある干菓子の詰め合わせを亀屋清水さんで購入。お友達にも喜んで頂けたようで、よかった。

御菓子にしてもお花にしても、なかなか気のきいたものが選べません。「差し入れ道」も奥が深いものですよね。
[PR]

by lily63 | 2007-04-25 12:00 | 古典芸能 | Comments(0)

北野をどり   

4月22日(日)
今日は、京都に「北野をどり」(上七軒歌舞練場)を観に行ってきました!
東京のお友達が地方さん(「地方」(じかた)とは、踊りの伴奏の唄や三味線などを担当する方)として出演されていて、お誘い頂いたのです。

とってもよかったです!
第1部がお芝居、2部が踊りの2部構成。本当にほんとうに素晴らしかったです~!うっとり拝見。目の保養になりました。このような公演に行くのは初めてだったのですが、行く前は「お座敷芸」とちょっとあなどっていた私は、大いに反省しました。

厳しい芸の道に精進されている芸妓さん、舞妓さんの、ぴしっとしたオーラが拝見していて何とも気持ちよく、背筋が伸びるような気がしました。プロというのはこういうのをプロというのだわ~と、古典好きな私は、大満足。

お庭と、休憩時間中の緞帳のおりた舞台と、写真を撮ってきたので後日UPしますね。
[PR]

by lily63 | 2007-04-23 01:58 | 古典芸能 | Comments(0)