タグ:『村岡伊平治伝』 ( 17 ) タグの人気記事   

1月『村岡伊平治伝』にお贈りしたお花の写真   

俳優座劇場入り口(1月10日)
f0008737_12382128.jpg


ロビーに飾られていた御出演の役者さん全員のサイン入り色紙(1月10日)
f0008737_1245348.jpg



フローラ六本木様に撮影していただいた、公演初日1月8日、お花搬入時の写真
f0008737_12465616.jpg


同上(アレンジメント上部)
この上の赤い花の動きのある感じが素敵だったですね。
f0008737_12412356.jpg


私が1月10日に撮った写真
f0008737_1242309.jpg


サイトのほうの、舞台出演作品一覧ページ舞台観劇記ページこれまでのお花企画まとめページ、それぞれに『村岡伊平治伝』を追加しました。
前にも書きましたが、小山力也さんへのお花お贈り企画は、『村岡伊平治伝』を最後に終了させていただきました。どのお花贈りもいつもいつも楽しくて心はずむものだったですね。思い出して懐かしいです。今までご一緒して下さった皆様、本当にほんとうにありがとうございました!!

(追記)
今、トップページも整理しました。トップに上げていた『村岡伊平治伝』のデータは、別ファイルを作って舞台出演作品一覧ページから飛べるようにしてあります。
[PR]

by lily63 | 2009-09-13 12:55 | 演劇 | Comments(0)

村岡でお贈りしたお花について   

今回、1月の『村岡伊平治伝』公演で、内々で何人かの方に呼びかけさせていただいて、参加して下さった皆様と一緒にお贈りしたお花、ページとして作って、サイトのほうにちゃんと写真を上げてとずっと思っているのですが、済みません、このブログに以前1枚だけお花屋さんに頂いた写真をUPしただけで、そのままになっています。
●当ブログ該当記事
http://lily63.exblog.jp/10086960/


参加者の皆様には1月に添付ファイルで、お花屋さんに頂いた写真3枚をお送りしてはいるのですが、当ブログまたはHPの記事として、村岡のお花もやっぱり記録として思い出として残しておきたいので、後日必ずまとめます。

お花企画も、振り返れば2002年からやってきました。いろいろその年その年で、公演、お誕生日、イベントなど、思い出すと懐かしいですね。
●今までのお花贈り一覧(2002年『マクベット』ヨーロッパ公演から2006年『罪と罰』公演&12月お誕生日まで)
http://homepage2.nifty.com/haruka63/ohana_kikaku.html

今回の村岡の芝居を最後に、もう、こういうお花贈りの呼びかけは本当に最後にするつもりです。私も年を取りまして、だんだんといろんなことに取り組むエネルギーが減ってきました。

今まで一緒に参加して下さった皆様お一人お一人に本当に心から感謝しています。本当にありがとうございました!!
[PR]

by lily63 | 2009-07-29 12:19 | 演劇 | Comments(2)

2009年劇団俳優座『村岡伊平治伝』第三次感想   

いろいろ書き散らしておりますが、結局後付けの理屈だし、なんですが、まあ、自分のメモとして書いておりますので、お目汚し申し訳ありません。

私は1幕と2幕が好きなんです。中でも、2幕の満州旅の描写が一番好きですね~。あの旅の描写を一人芝居のようにしてなさったところ。本当に生き生きしてらして、ほんとに上手くって、一人で観客の心をが~っとつかんで惹きつけて、板の上に立つことが何よりも楽しくて楽しくて仕方ない!!という心が伝わってきて、ああ~これこれこれ!私は小山さんの舞台を観るとき、こういう小山さんを観る事ができるのが好きなんだわ!という、あの興奮した気分。

1幕(天津床屋)の丁寧な描き方も素晴らしかったですね。この芝居は1幕がすべて、というところありますよね。1幕が不十分だと、あともう、何をどう上手くやったってだめみたいな。さすが俳優座さんだわ、というのは、あの1幕の芝居なんか、ほんとそうだなあと思います。

そして、2幕の終わりの日の丸が下されたところの小山さんの演技の巧みさ!
なかなかあれは、戯曲が幾らすぐれていたって、小山さんのあの演技のようにああいう風に主題を鮮やかに観客の心に自然に刻み付け(自然にと書くのは、全く押し付けがましくなく、観念的でもないという意味)、いやいや劇場にいる人間だけでなく劇場空間全体にああも鮮やかに刻み付けることは、私はまあ、あれと同じことができるのは小山さん一人しかいない、と思っています、常々。こういう不思議なこと(演技が上手い!という日本語だけでは表現できない何か。その瞬間(その芝居の肝になる場面で)、観客の心の奥深くに、何かが鮮やかに届いて行って輝くみたいな)ができはるのは、何で?ほんま不思議やわ、すごいわ~と思ってますね。

ですので、悪人性が弱い云々、何かほんとに微妙なところで、微妙に何かがずれてしまってるのではないか(小山さんの芝居として、俳優座さんの芝居として、民衆を描いたエネルギッシュで美しい芝居としては素晴らしいけれど、戯曲『村岡伊平治伝』としてほんとは微妙にちょっと違ってるんじゃないの?という感覚が残ったという意味)というのは、この芝居を私が1回しか拝見できなかったからそう思ってしまったと思うので、あと3回ぐらいは観ていたらまた違う感想を持ったでしょう。ああいう骨太で内容を濃い芝居は、1回ではやっぱりちゃんと鑑賞できないんだよなあと思います。
[PR]

by lily63 | 2009-07-29 11:54 | 演劇 | Comments(0)

2009年劇団俳優座『村岡伊平治伝』第二次感想   

以下は、第1次感想を1月12日にUPしてから今まで考えてきたことのうち一部を文章化したものです。ほかにもまだ書きたいことは幾つかあるのですが、エネルギー切れとなってしまいました。最後のほうは完全に支離滅裂、申し訳ありません。引っ込めるかもわかりませんが、とりあえずWEB上に上げて、もう少し考えてみます。

●第2次感想―『村岡伊平伝』あれこれ

続きを読む
[PR]

by lily63 | 2009-07-29 11:17 | 演劇 | Comments(0)

2009年劇団俳優座『村岡伊平治伝』第一次感想   

劇団俳優座2009年1月本公演『村岡伊平治伝』
観劇日:2009年1月10日昼の部
会場:六本木・俳優座劇場

●観劇直後の「第1次感想」
以下は、観劇直後1月11~12日に一気に書いて、12日に当ブログにUPした文章を、その後今までの間に若干修正したものです。今読むと、口調が興奮していて済みません(笑)。               

続きを読む
[PR]

by lily63 | 2009-07-29 11:10 | 演劇 | Comments(0)

『村岡伊平治伝』感想(ただいま推敲中)   


(1月16日追記)
コメント&メールをいただきました皆様へ。
ありがとうございます!実は、12日から風邪で寝込んでおります(涙)。針が振り切れてしまった感じといいますか。ご連絡&御返事改めていたしますね。申し訳ありません。お花贈り御参加の皆様へも必ずご連絡しますので、いましばらくお待ちくださいませ。よろしくお願いいたします。

--------------
村岡伊平治伝、観に行ってまいりました!小山さんをはじめ、皆さん本当に素晴らしくて、圧倒されました。若い座組みのエネルギーが溢れた、とっても良い芝居です。皆さん、生き生きと舞台の上で輝いてらっしゃいましたね。これを見逃さなくてよかった~~!! 熱い芝居です。血の通った芝居です。そして、ほんとに熱い芝居を観たら……私の心も、今とても熱いもので満たされています。なんかこう、からからの干物のような心が一気に戻って柔らかくなったようなといいますか(笑)、生き返った~!という感じ。

ああ私は、舞台の上で役を生き生きと生きている小山さん、この小山さんがほんと好きなんだよなあと、観ながら客席で心から思いました。実は、直前に、諸事情によりまして、行くのをやめようとほんとに思ってたのです。でも、ある方に「そんなこと言わないで。あなたは舞台の上の小山さんを見届けようと思わないのか」と強く言われまして、やっぱり行くことにしたのです。小さなことに拘ると判断をミスりますね。 あやうく一生の後悔をするところでした。「行くべきだ」とおっしゃって下さったその方に本当に感謝しています。

続きを読む(ネタバレしています!)
[PR]

by lily63 | 2009-01-12 03:45 | 演劇 | Comments(13)

俳優座創立65周年記念公演第一弾『村岡伊平治伝』   

☆『村岡伊平治伝』ただいま上演中です。私は10日昼に拝見しました。熱い芝居です!豊かで刺激的な芝居です!「う~ん、でも暗くて重い内容なのでは?」……確かに重たい問題を扱ってはおりますが、だからといって、見たらしんどくなるような舞台ではありません。フレッシュな座組、まさに「村岡組」という言葉がほんとにぴったりのチームワークで、疾走する2時間45分。18日までです。売り切れ日もありますが、行ける条件のある方で、どうしようかなと迷ってらっしゃる方はぜひ、この村岡の舞台を、小山伊平治を観にぜひ劇場へいらして!とお勧めしたいと思います。私の数多くない小山さん舞台観劇史上でも、今回の村岡は、「もしこれ見逃してたら一生後悔してました!」というものでした。感想を当ブログ12日付けの記事で公開しました。ただし、まだ推敲途中です。(1月12日記す)

(この記事のもともとのUP日付は9月6日。後日、いろいろ加筆しています。)

2009年正月 俳優座創立65周年記念公演第一弾
『村岡伊平治伝』


作:秋元松代 演出:安川修一 主演:小山力也(村岡伊平治役)
2009年1月8日(木)~18日(日)俳優座劇場
チケット前売り開始日:12月3日(水)
料金:一般=5250円、学生=3675円

小山さんのブログ11月28日分告知から
「小山さんの扱いでお願いします」と申し出れば
一般5,250円→4,700円、学生3,675円→3,670円に割引

とのことです。
(ただし、この割引は俳優座への申し込みに限る。ぴあ等では使えません。)

スタッフ(敬称略)
作:秋元松代、演出:安川修一、美術:宮下 卓、
照明:桜井真澄、音響:小山田 昭、衣裳:二宮義夫、
振付:河路雅義、舞台監督:関 裕麻、
制作:山崎菊雄、高橋かずえ

出演者(敬称略)
河野正明、小山力也、川井康弘、河内浩、塩山誠司、
西川竜太郎、斉藤淳、林宏和、三浦英明、
八柳豪、小田伸泰、宮川崇、
井上薫、佐藤あかり、生原麻友美、荒木真有美、浅川陽子、
小澤英恵、小澤木の実、保亜美、安藤聡海、竹内千恵

公演日程(昼13:30開演、夜18:30開演)
1月8日(木)夜
9日(金)夜
10日(土)昼と夜
11日(日)昼
12日(月)昼
13日(火)夜
14日(水)昼
15日(木)昼
16日(金)昼
17日(土)昼
18日(日)昼
-----------------------------------------------
●11日=終演後アフタートークあり(出演予定:小山力也さんほか)
●12日、16日=終演後バックステージツアーあり(バックステージツアーは俳優座後援会員限定)

*アフタートークとバックステージツアーの情報源は公演チラシ&俳優座さんDM11月下旬到着分

●詳細は劇団俳優座サイト内『村岡伊平治伝』ページでご確認を!

●関連リンク

★劇団俳優座公式サイト
★劇団俳優座公式ブログ
★『村岡』に出演される、俳優座の女優・佐藤あかりさんのブログ

★小山さんのブログ1月1日更新分(12月30日村岡稽古納めの会のお写真多数!)
★同12月12日更新分(俳優座稽古場のお写真多数!)
★同11月28日更新分
(伊平治と伊藤博文の写真。河野正明さん(伊藤博文&天津の床屋主人の二役)のこと。)
★同11月6日更新分(ポスターとチラシ画像)
★同10月30日更新分(伊平治、伊藤博文に謁見の場の写真)
★同10月16日更新分(ご自身の稽古場お写真)
★同10月9日更新分(公演日程詳細と前売り開始日、伊平治スチール写真初公開!)
★同9月5日更新分(演目発表、公演日程)
★同5月1日更新分(2009年正月公演出演のお知らせ)

●小山力也さんについて(私のHPのデータ)
★プロフィール
★舞台ご出演作品一覧
★観劇記

●『村岡伊平治伝』過去の上演について
この作品は1960年に書かれた秋元松代氏の有名な戯曲で、今日までさまざまな所で上演されています。俳優座さんとしては、1994年新劇合同公演、1997年俳優座本公演、及びその地方公演(96年・97年)で取り上げられ、小山さんのブログ(9月5日分)でも書かれていますように、この時はてらそままさきさん主演でした。(この項、俳優座サイト内上演年表と俳優座の田野聖子さんHPを参照しました。)

2009年1月の『村岡』は、俳優座として97年から12年ぶりの再演であり、「新たなキャスト、新たな演出で挑みます!!」(←小山さんブログ(9/5)より)とのこと。本当に楽しみです!

●書籍について
『村岡伊平治伝』は『秋元松代全集』第2巻(筑摩書房、2002年5月刊)に収められているようです。私はまだ図書館に行けておらず、読んでいません。
なお、比較的入手しやすい秋元戯曲の本として、講談社文芸文庫『常陸坊海尊・かさぶた式部考』(秋元松代)があります。これには『村岡伊平治伝』は入っていませんが、巻末の松岡和子氏の解説「作家案内―秋元松代」が、とても勉強になりました。

~~~~~~~~~
(追記)10月11日
10月9日ブログ掲載の、村岡伊平治スチール写真、素敵でしたね~。
とてもセクシー!役者の色気って、こういうのを言うんだなあと。
どういう芝居になっていくのかとても楽しみです!
~~~~~~~~~
小山さんのブログ(9/5更新分)で情報が出ましたね!主演です~~!!
待ち構えておりました(笑)。

届いている方がほかにもいらっしゃると思うんですが、実は、8月下旬に俳優座さんから10・11月公演の案内DMが来ていて、同封されていたペーパーに、来年1月公演の演目も発表されてたんですね。「作:秋元松代 演出:安川修一 主演:小山力也」と書かれていまして、「主演:小山力也」の部分が、ば~んと目に飛び込んできて、嬉しかったです!

俳優座の正月公演って、古くからの俳優座さんのお客様で、「正月公演は毎年必ず観に行っている」といった方も多いのでしょうし、このところ新しい作品を取り上げている俳優座さんですけれども、今度の正月公演は古典の秋元戯曲ということで、あの『村岡伊平治伝』を今また俳優座が再演するならどんな風になるのだろう、これはぜひ観に行ってみたいと思われる方も多そう。注目度の高い公演ですよね。

その上に、主演の小山さんは、ファン層の幅が広い俳優さんですよね。声のお仕事からファンになったという方、声のお仕事でお名前が知られるようになるずっと前から小山さんの舞台のファンという方、俳優座後援会・各地演劇鑑賞会関係で昔からずっとファンだという方。ちょっと考えてみただけでも、いやあどうしよう~、チケットとれるかしらんと、『罪と罰』公演の時もそうでしたが、大変そうだわ~!と思うわけです。

自分がほんとうに上京できるのかだけでなく(行ける可能性のある日がほんとに数日しかない)、さらに、希望日にチケットがちゃんと取れるのか、と心配が増してきました。着物で行くとか以前の問題が山積しております(笑)。 年とると、時間がたつのがほんとに早く感じられるようになりますが、今年の後半は特に、今であと4カ月といったって、実質1カ月半ぐらいしかないような気分で過ごしておりますよ~。何も、今からそんなに焦らんでもという話ですが(笑)。

今回のブログでは、過去に出演された俳優座の公演について、語っておられました。
『フル・サークル』は8年前に倉敷公演を拝見。
『美しきものの伝説』は、ついこの間テレビ放映されていましたね。小山さんの早稲田(沢田正二郎)が登場すると、舞台にぱっと風が起こる感じで、わくわくしました。ぜひ生で観たかったです。
そして、ブログの一番上の六本木のお写真。
自分のホーム、帰る場所、依って立つ場所は演劇であり、俳優座だと、おっしゃているように私は読みました。
[PR]

by lily63 | 2009-01-11 18:30 | 演劇 | Comments(15)

「秋元松代全集」第2巻入手!   

本日入手しました!
だけど、今から読めるはずはなく……。
久しぶりに、わくわくした本です!本のつくりが、本格的で、本らしい本。

がんばります!って、読むのか、今から(笑)。
『村岡』の最初だけ、さっきちら読みしましたよ。方言って豊かなものですね~!
楽しみです!

メールをいただきました皆様、ありがとうございました!
いつも色々御心配お掛けして済みません。

[PR]

by lily63 | 2009-01-10 00:07 | 演劇 | Comments(0)

祝!『村岡伊平治伝』初日   

俳優座創立65周年記念公演『村岡伊平治伝』初日、おめでとうございます!!
幕が開きましたね!今ごろは、熱い舞台が繰り広げられていることでしょう。

俳優座ブログと小山さんのブログをずっと拝見してきて、熱い熱い小山さん、熱い熱い村岡組の皆様、そのエネルギーに煽られっぱなしです。千秋楽まで、皆さんどうぞお身体にお気をつけて、疾走してくださいませ。公演の御成功を心よりお祈りしています。

このたびの『村岡』、「あれを見逃したの?!それはもったいないことしたね~!!」と後々語られるような舞台にきっとなるんだと思います。観劇を迷っておられる方も、行ける条件のある方は、ぜひ俳優座劇場に!と私が宣伝することではありませんが(^^;)、ほんとに、そう思うので。

さて、直前に私は今までの考えを翻し(昨年10月にサイトを一旦閉鎖した時点で、皆さんにお声を掛けてのお花贈りはもうやらないでおこうと思っていたので)、思い立って、ごくごく限られた方にだけメールでお声掛けさせていただき、小山さんへの初日祝いのお花を贈らせていただきました。今回のお花もいつものようにフローラ六本木様にお願いしました。私が我侭を申して、フローラ六本木様にお花の写真を撮っていただきました。いつも本当にありがとうございます。今、下にUPしましたよ。俳優座劇場ロビーに搬入されたところのお写真です。赤が基調で、今回の舞台にぴったりの雰囲気のお花、感激しました!!素晴らしいお花をつくってくださったフローラ六本木様に心から感謝しています。ありがとうございました!!お花贈りにご一緒して下さった皆様方には、後ほどご連絡させていただきますね~♪

以下、初日1月10日お花搬入時に、フローラ六本木様に撮影していただいた写真。
f0008737_22561717.jpg


この一番上にあしらわれたお花の動きのある感じがとても素敵でした。
f0008737_1281539.jpg

[PR]

by lily63 | 2009-01-08 20:02 | 演劇 | Comments(0)

俳優座さんブログで『村岡』稽古場ブログ始まり!   

俳優座さん公式ブログで、『村岡伊平治伝』稽古場ブログが12月2日から始まっていますね!
http://blog.livedoor.jp/haiyuza/

それぞれのお立場からの記事を興味深く読ませていただいています。
[PR]

by lily63 | 2008-12-08 21:19 | 演劇 | Comments(0)