春、東京旅(その4)   

東京で観た展覧会、2つ目は、「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900」(三菱一号館美術館)。
行ったのは4月6日。

写真だけ先にアップします。
f0008737_012874.jpg

f0008737_0123697.jpg

[PR]

# by lily63 | 2014-05-02 00:14 | | Comments(0)

春、東京旅(その3)   

東京滞在中に行った展覧会は2つ。

1つ目は、4月3日に行った。
「テート美術館の至宝 ラファエル前派展~英国ヴィクトリア朝絵画の夢~」(2014年1月25日~4月6日、六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー)

以下、公式サイト「みどころ」解説より引用。
世界的なコレクションを誇るテート美術館所蔵のラファエル前派の名画72点がまとめて見られる大変貴重な機会です。英国発の前衛美術運動の全貌を分かりやすく紹介します。

無知な私は、会場で各コーナーの解説を一々読んでいくのに疲れたほど、どの絵の前も濃い雰囲気に満ちている。「オフィーリア」(ジョン・エヴァレット・ミレイ)の実物が観られて感激。しかし、美術史の基本的教養があまりにもないので、「うわ~きれい!」とかしか思わんのは、もうちょっとどうにかせんと、「うわ~!」だけではあかんよなあ。

f0008737_21254652.jpg


この展覧会に行く前に、青山ブックセンター(六本木店)に立ち寄りました。前々から行きたかったので、今回初めて行けて、これまた感激。青山ブックセンター=「かっこいいデザイン・アート系」の本だけしか置いてない=私のようなおばさんが行ったら場違い、みたいなイメージを勝手に持ってたが、もちろんデザイン・アート系は充実しているけれど、普通の本も置いてある本屋さんで、ちょっとほっとする(笑)。『アンのゆりかご―村岡花子の生涯 』(村岡恵理、新潮文庫)があったので購入。

展覧会観た後、一緒に行った長女と「天一保」で晩御飯。私は麻婆豆腐土鍋飯を頂きました。辛くて、美味しい。六本木ヒルズで晩御飯なんて、我々に入れる店なんぞきっとないよ~!と言いながら探したら、こちらのお店は意外にリーズナブルでとてもよかったです。

東京旅、次回は、もう1つ行った展覧会、「ザ・ビューティフル展」(三菱一号館美術館)についての予定。
[PR]

# by lily63 | 2014-05-01 22:09 | | Comments(0)

未生流展(梅田阪神)   

今日は、梅田阪神で明日までやっている未生流展に行きました。優しいお花に癒されました。心がおちつきます。会場を出てから、阪神の中をうろうろして、やっと先ほど帰宅。寒いですね。(東京旅の写真も引き続きゆっくりアップします。)

f0008737_1843464.jpg

[PR]

# by lily63 | 2014-04-20 18:09 | 日々つれづれ | Comments(0)

近大マグロ、行ってきました!   

遅まきながら、噂の近大マグロを食べに、梅田グランフロント「近畿大学水産研究所」に行ってきた。

(近大マグロと選抜鮮魚のお造り盛り(各3貫)2,700円)
f0008737_21463034.jpg


(店の前で並んで待ってる間に「近畿大学水産研究所」の4つ折りチラシをもらう。お造り盛りには「卒業証書」が添えられてた!)
f0008737_21515362.jpg


(平目とすさみ豚で巻く野菜の天串五種盛り、950円)
この揚げ物、軽くてさくさくして美味しかった。
f0008737_21554264.jpg


お造り盛り、豆腐サラダ、揚げ物2種(上の串のほかに、稚鮎の磯辺揚げ)、真鯛と里芋の白味噌グラタン、めはり寿司、生ビール1杯ずつで、2人で約9,000円。
同じぐらいの料理でもう少し安く飲める店はあるから、ちょっと割高感あるけど、美味しかったし、楽しかった。

(東京旅ブログ、その3以後も更新します。きょうはもうしないですが。)
[PR]

# by lily63 | 2014-04-15 22:14 | 日々つれづれ | Comments(0)

春、東京旅(その2)   

南青山で入った、この不思議な建物。


f0008737_18573264.jpg


f0008737_18581739.jpg


知らずに連れて行ってもらって、とても感激しました。外から見た時のちょっと奇抜な印象と、内部に入ってからの何だか不思議にとっても落ちつける雰囲気の落差がおもしろかった。
自力では絶対に訪れることができなかった所でした。御案内くださった、Kiyomiさんに感謝です!

もうちょっと内部の写真、階段とか、障子?みたいになってた所とか、トイレの手を洗う所とか、撮っとけばよかったなあと帰ってから思いましたが、あんまりばしゃばしゃ写真撮りにくかったのですよね。(あれは障子ではないか。壁の一部が障子紙みたいなのでできてて、向こう側の明かりで白く明るく見えるみたいな?)

一体何のお店でしょうか?また、この続き書きますね~。
さとうさんたさんがブログで記事を上げてくださっているので、そちらをぜひお読みくださいませ。

(続きです。)
不思議な建物は、隈研吾の設計で、サニーヒルズ(微熱山丘)南青山店。台湾の有名なパイナップルケーキのお店。この南青山にできたお店が日本初出店とのこと。

お店に入ると、丁寧なお出迎えをしてくださって、2階に上がると、お茶とパイナップルケーキをサービスしていただいて、お茶もケーキも大変美味しゅうございました。買わないで帰るわけにいかないので、5個入り1500円(エコバッグ付き)をお土産に購入。
f0008737_19593751.jpg

お茶碗もお盆もシンプルでとても美しい。

(参考)
ググって見つけました。
●おもてサンド」連載、表参道周辺の建築講座 モコモコ博士の建物観察ゼミ「第40回「サニーヒルズ (微熱山丘)南青山店」
http://www.omote-sando.info/series/8134

●隈研吾建築設計事務所のページ
http://kkaa.co.jp/works/architecture/sunny-hills-japan/
[PR]

# by lily63 | 2014-04-14 19:15 | | Comments(0)

春、東京旅(その1)   

先週、長女の入学式があり、上京。ちょっとゆっくり東京滞在。あちこちで素晴らしい桜をたくさん見ました。千鳥ヶ淵と目黒川は4月4日に行きました。御一緒してくださったKiyomiさん、さとうさんたさん、大変お世話になりました。ありがとうございました!

東京都内で行った場所(行った順)→某大学。恵比寿。新宿、銀座。六本木(ヒルズでラファエル前派展)。新丸ビル。千鳥ヶ淵。目黒川。代官山・表参道・青山。三菱一号館美術館(ザ・ビューティフル展)。

(千鳥ヶ淵)
f0008737_23274194.jpg

f0008737_23231048.jpg

f0008737_23245086.jpg

f0008737_23263329.jpg

f0008737_23271279.jpg




(目黒川)
f0008737_23283475.jpg




(某大学構内)
f0008737_2336162.jpg

[PR]

# by lily63 | 2014-04-13 23:53 | | Comments(2)

12月開催「ハリコン3」で小山力也さんのトークイベントあり!   

★ハリコレさんの公式サイトでは、今はまだ「声優の小山力也氏 トークイベント開催決定!!」としか書かれてない。
http://www.hollywood-japan.jp/html/newpage.html?code=29

★ブログ「ハリコレのお店のニッキ」さんには、もう少し具体的な情報あり。
http://blogs.yahoo.co.jp/holly_colle_2010/14861380.html
↑こちらのブログ記事(2013年10月23日付け)で公表されている内容は、
●小山さんのトークイベントがあるのは12月22日(日)<午後>で確定。
●会場は、東京・九段下「ホテルグランドパレス2階のハリコン会場となりの部屋」。
●そして、「当日は約1時間のトークライブを予定しております」とのことです。

続きの詳細公表が待たれますね。
小山さんが、アニメゲーム系ではないトークイベントに出演されるのは、とても久しぶりだと思うので、どういうお話をされるか楽しみです。東京に住んでたら行きたいところなんですけどねー。

(2013.10.29追記)
★ハリコレさんのブログは、別アドレスで「ハリコレ日記」もありました。10月24日付けで、上(「ハリコレのお店のニッキ」)と同記事がポストされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/sovjapan/62906156.html

★ハリコン特設サイトもできていました。ただし、小山さんのトークイベントについて、今のところ、まだ追加情報は出ていません。
http://www.hollycon.jp/index.html/guest.html
[PR]

# by lily63 | 2013-10-27 11:49 | Comments(0)

本日7月6日より劇場公開『ワイルド・スピード EURO MISSION』   

本日7月6日より劇場公開中『ワイルド・スピード EURO MISSION』

日本語吹替版に小山力也さん=ホブス役(ドウェイン・ジョンソン)

情報はふきカエル(日本語版吹替え振興公式)‏@fukikaeru 様からいただきました。有り難うございます。
https://twitter.com/fukikaeru/status/353275958205231104

http://www.fukikaeru.com/deta_201307_01.html

ワイルド・スピードシリーズは、前作『ワイルド・スピード MEGA MAX』(日本公開、2011年10月1日)でも日本語吹替版の劇場公開があり、同じホブス役(ドウェイン・ジョンソン)で、小山さん吹き替えでした。

前作『MEGA MAX』吹替版を映画館に観に行ったときの、当ブログ感想記事は以下の2本(どちらも2011年10月12日付け記事)。

●『ワイルド・スピード MEGA MAX』感想
http://lily63.exblog.jp/16678123/
●上記感想の追記
http://lily63.exblog.jp/16678498/

『ワイルド・スピード MEGA MAX』のDVDはもちろん既に出ているはずで(映画館で観て満足してしまい、ちゃんと確認していない、済みません)、確認して、DVD吹き替えデータに反映させます。
[PR]

# by lily63 | 2013-07-06 21:11 | 映画・海外ドラマ | Comments(0)

『映画秘宝』2013年4月号に小山さん・てらそまさんインタビュー   

雑誌『映画秘宝』2013年4月号(2月21日発売、今書店に出ている最新号)に、小山力也さん、てらそままさきさんのインタビューが載っています(聞き手=とり・みきさん)
この件は、てらそままさきさんのファンサイトさんで教えていただきました。ありがとうございます!

このインタビューは先ごろ2月5日BSジャパンで放送された『タワーリング・インフェルノ』関連で、「オールスターパニック大作『タワーリング・インフェルノ』吹替版・主演の2人に聞く!」ということで、とり・みきさんが、てらそまさん、小山さんのお二人にインタビュー。
(てらそまさん=ダグ・ロバーツ役(ポール・ニューマン)、小山さん=マイケル・オハラハン隊長役(スティーブ・マックィーン))

記事は1ページですが、収録台本の底本は? 今回いちばん難しかったところは? 吹き替えの仕事で一番大事だと考えていることは? ほか色々、吹き替えのお仕事に関するお話がメイン、とり・みきさんの的確な質問にお二人がたくさん答えてくださっていて、とても密度の濃い内容。ページ末尾には今回のBSジャパン2月5日放送版『タワーリング・インフェルノ』の基本データ、お二人のプロフィールもあり。

掲載写真は、『タワーリング・インフェルノ』日本語版の収録現場(と思われる)で、お二人並んでマイク前で台本を持ってこちら(カメラ)に向かって、映画の雰囲気に合った爽やかで頼れるナイスガイな雰囲気。全身のお写真で、かっこいいです!

てらそまさんと小山さんは俳優座の先輩後輩(てらそまさんは元俳優座。先輩がてらそまさんで、後輩が小山さん)ということで、お二人の昔から同じ舞台に立ってこられ、今は吹き替えで共演しておられ、心から信頼し合ってらっしゃる間柄であることが、紙面から伝わってきます。私は、一番最初にてらそまさんが話されている、一緒に地方公演(俳優座の)に行ったときのエピソードが、すごくよかったです。

全体に、てらそまさんが兄貴、小山さんが弟分って感じで、てらそまさんがお話をリードし、小山さんはてらそまさんを立ててという雰囲気がうかがえるのも素敵(あくまでも私の感じ方ですが)。



BSジャパン2月5日放送、『タワーリング・インフェルノ』、よかったですね!この映画、とても流行った映画で、地上波放送も何度もされていると思うが、ちゃんと観たのは今回が初めてな気がする。

昔風の大らかな画面なんですよね(大災害なのに、大らかというのもおかしいが、今観ると)。てらそまさん、小山さんの息もぴったりで、その大らかな古風な画面に合った、お二人とも大きくこちらを安心感で包んでくれるような演技で、それでいて、細かい場面場面の心の動きをそれぞれ細かく表現されていて、さすがだなーと。

ページ末尾のデータのところで、「再放送予定あり・日時未定」と書かれてるので、また再放送してほしいですね。
[PR]

# by lily63 | 2013-03-04 23:06 | 映画・海外ドラマ | Comments(4)

2012年に行った展覧会   

2012年に行った展覧会
*この記事はUP日付を変えて、時々更新します。

● 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」
1月9日(月)国立国際美術館(大阪・中之島)
http://www.nmao.go.jp/exhibition/2011/id_1231010000.html

●特別展「ジョルジョ・ヴァザーリのウフィツィ:建築とその表現」
1月8日(日)京都大学総合博物館
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0026.html

●第11回村野藤吾建築設計図展「新出資料に見る村野藤吾の世界」
http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/20120206.html
●「高峰譲吉邸と京都高等工芸学校」
http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/20120123.html
両展同日鑑賞、2月29日(水)京都工芸繊維大学美術工芸資料館

●村山知義展「すべての僕が沸騰する―村山知義の宇宙―」
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2012/390.html
4月28日(土)京都国立近代美術館

●「KATAGAMI Style ― もうひとつのジャポニスム」
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2012/392.html
8月16日(木)京都国立近代美術館

●山口華楊展
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2012/395.html
11月24日(土)京都国立近代美術館

●エル・グレコ展
http://www.nmao.go.jp/exhibition/index.html
11月28日(水)国立国際美術館
[PR]

# by lily63 | 2012-11-28 18:30 | 展覧会 | Comments(2)