俳優座5月公演『フル・サークル』関連記事まとめ   

紙媒体&ネットで見つけた、俳優座5月公演『フル・サークル』関係記事のまとめ。随時更新します(この記事の最初のUP日時は2015年4月24日)。

~紙媒体~
【雑誌】
●演劇雑誌『テアトロ』2015年5月号(4月発売号)
★『フル・サークル―ベルリン1945―』(作:エーリヒ・マリア・レマルク、潤色:ピーター・ストーン、訳:勝田安彦)劇団俳優座上演台本、全文掲載。
★あわせて、この号から、アンナ役斉藤深雪さんの新連載「斉藤深雪の春うらら」開始。

●演劇雑誌『テアトロ』2015年7月号(6月発売号)(←この項、2015年6月27日に追加)
★舞台写真と劇評(結城雅秀氏)が掲載されています。
掲載されている舞台写真は2枚。1枚は『テアトロ』のいつも舞台写真がいろいろ載っているページの一番最初に、アンナ&ローデ&シュミット。もう1枚は、アンナ役斉藤深雪さんの連載エッセイページ左上に、アンナ&ローデ。

【新聞】
●「しんぶん赤旗」(2014年12月27日付け)
「休憩室」というコーナーで小山力也さんのインタビュー掲載。見出しは「一生懸命気持ち込め」。話されている内容は、今までブログ等で書かれていることと大体同じです。
お写真が素敵なんですよね!カメラ目線でない、右頬に人差し指と中指を当てて話しておられる横顔を捉えたもの。ちょっとぼさっとした感じ。(これ褒め言葉ですよ!ぼさっとした、が褒め言葉って、わかる人だけわかってくだされ~。)「演劇青年」な表情ですね。声のお仕事でいろんな媒体に載っている写真とは全く雰囲気が違うものです。
小山さんは、インタビューの最後のほうで『フル・サークル』について、次のように話しておられます。以下、「青字」部分が引用。
「1995年の初演から達成感のあった芝居の一つです。“無関心”という罪の恐ろしさ。最後はドンデン返しの連続です。」

なお、「1995年の初演」とあるのは誤植で、俳優座による『フル・サークル』日本初演は1994年12月です。初演時には、小山さんは、ソ連軍コロヴキン大尉役でご出演でした。

●「しんぶん赤旗」日曜版(2015年5月3日・10日合併号)(←この項、2015年6月27日に追加)
『フル・サークル』開幕を控え、小山力也さんのインタビュー掲載。小山さんのインタビューだけで、紙面1ページ分の約半分ぐらいの量なので、大きな扱い。見出しは、記事の頭、リード文の前に「陥落寸前のベルリン、ナチスから逃げる男は―」。お写真の横に「俳優座公演「フル・サークル」主演小山力也さん」。記事の真ん中を割る形で一番大きい見出しが「無関心が「手遅れ」を招く前に」。
『フル・サークル』について、とても熱く語っておられます。記事の結びの部分では次のようにおっしゃっています。以下、「青字」部分が引用。
「俳優として、今の状況をどうすれば? と考えます。ドキドキハラハラしていただいた後、見た人の次の生き方につながる何かを残せたら」

この記事も、お写真が素敵なんですよねー!声優さんとしてのお仕事で目にする写真とは全く違う、「新劇の役者さん」の雰囲気でして、まあ当たり前といえば当たり前のことでしょうけど、媒体の性格によって、こんなにも表情が違うんだなあと。上に挙げた、昨年12月の赤旗記事と同様、カメラ目線ではない、熱心に話しておられる表情を捉えたお写真です。

【その他】
●俳優座機関紙「コメディアン」2015年2月28日発行号
★『フル・サークル』公演の基本情報掲載。(日程、スタッフ&配役等)
★訳・演出の勝田安彦さんご寄稿「『フル・サークル―ベルリン1945―』再演にあたって」掲載。
★「俳優素描」(←「コメディアン」の定番連載記事。その時々の公演出演俳優どなたかお一人へのインタビュー)に、斉藤深雪さんインタビュー掲載。

~ネット~
【俳優座公式サイト】
『フル・サークル』公演情報ページ
『フル・サークル』特報ページ

【その他】
「カンフェティ」WEBインタビュー(2015年4月6日掲載)
俳優座5月公演『フル・サークル』出演者、斉藤深雪さん、島英臣さん、小山力也さんインタビューが掲載されています。
[PR]

by lily63 | 2015-06-27 21:30 | 演劇 | Comments(0)

<< 「声優口演SPECIAL」に小... 『テアトロ』2015年7月号に... >>