8月15日NHKスペシャル『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 戦中編』   

新聞のテレビ欄で取り上げられていたので気がついたのですが、本日8月15日夜10時からNHK総合でNHKスペシャル『日本人はなぜ戦争へと向かったのか 戦中編 果てなき戦線拡大の悲劇』の放送がありますね。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110815.html

『日本人はなぜ戦争へと向かったのか』、このシリーズもの、前の4回分(本放送が今年1月~3月)では、アニメの再現ドラマ部分で小山さんのナレーションが聞けたので、今夜の「戦中編」も声の出演されてるのかどうか、チェックしてみようと思います。録画予約しました。

●前4回分についての当ブログ記事
http://lily63.exblog.jp/15352040/

(追記8月16日)
昨夜8月15日放送のNHKスペシャル『日本はなぜ戦争へと向かったのか戦中編』で、やはりアニメの再現ドラマ部分で小山力也さんのナレーションが聴けました。再放送予定に関しては、まだ情報が出ていませんが、NHKオンデマンド(有料)では、本日16日から配信予定と書かれています。いずれまた、再放送もやってほしいですね。
http://www.nhk-ondemand.jp/share/pickup/

国の中枢にいる人たちが国民の命を左右する重大な決定していく、そのときに一体最終的には誰(またはどういう機関)が何に対してどういう責任と冷静な見通しを持って大きな決定をしていくのか、責任を持って決める人が本当にはいなくて何となくそのときの流れ、いろんな駆け引きや力関係の中で物事が流れていく、見ていて何とも空恐ろしい気持ちになる内容で、当時の権力中枢の中にいた方々の証言(肉声テープや書かれたもの)が、「自分はおかしいと思ってたんだよな~」てなふうに聴こえてしまうのもまた恐ろしいように思いました。

小山さんの抑制のきいた奥行きあるナレーションが入ることによって、上に書いたような国民の命を左右することについての意思決定のされ方のおかしさ、が普通に説明される以上に生々しく実感されました。メインは松平定知アナウンサーが司会ですので、量的にたくさんお声が聴けたわけではないのですが、とても心に残りました。
[PR]

by lily63 | 2011-08-15 18:13 | Comments(1)

Commented by lily63 at 2011-08-16 17:39
昨日放送のNHKスペシャル、やはりアニメの再現ドラマ部分で小山さんのナレーションが聴けました。記事に追記して、感想を書きました。

<< 雑誌『サイゾー』9月号の海外ド... DVD『エディット・ピアフ~愛... >>