(2001年)小山さん吹き替えDVD版映画感想   

2001年リリースの小山さん吹き替えDVD版映画感想です。役名の横に付記してる年月日はリリース日。初期の頃はVHSで観てますが、ブログタイトルは「DVD版」で統一します。鑑賞日は、大体はリリース直後に借りて観ていますが、中には、1、2年後に観たのもあり。掲示板(今はもう閉じています)過去ログから感想転記する際、今読むとわかりにくい箇所を少し加筆したものがあります。
文字色、青色は今思い出して書いてる感想ピンク色は掲示板過去ログからの転記です。

こんな感じで、99年リリース分以降、順次、思い出し感想をUPしています。続きも必ずアップしますので、いましばらくお待ちください。
【この記事以外の完成分】
・99年リリース分DVD吹き替え感想
・2000年リリース分DVD吹き替え感想
・2002年前半リリース分DVD吹き替え感想
・2002年後半リリース分DVD吹き替え感想
・2005年リリース分DVD吹き替え感想
・2008年~2006年リリース分DVD吹き替え感想(本体HP内)
・テレビ放映版映画吹き替え感想(1999年~2009年)
・海外ドラマ吹き替え感想(シリーズもの以外)←シリーズものもちゃんと完成させます!
----------------------------------------
●ハムナプトラ2/黄金のピラミッド(01,米)
ロックナー(Adewale Akinnuoye-Agbaje) 01/12/21
あまりよく覚えていないのですが、掲示板の過去ログを探すと、2001年12月24日付けの投稿で「脇役ですが、強い武将の役ですよ~。かっこいい!」と書いておりました。

●ウェディング・プランナー(01,米)
スティーブ・エディソン(マシュー・マコノヒー) 01/12/19
暖かくてかっこいい男前声ですね~。小山さんのこういう系統のラブコメ吹き替えが少なくなっているのは寂しい。また出ていただきたいです。作品的には、婚約者の彼女は別に何も悪くないのになあと、なんか納得いかん気もした。まあ、そういうことは考えずに楽しむ映画ですね。

●パール・ハーバー(01,米)
ドリー・ミラー(キューバ・グッディング,Jr.) 01/11/30
映画そのものにあまり感情移入できなかったので、無理やり観たという感じです(^^;)。生真面目な感じの役柄。セリフはそんなに多くなかったような。

●ラッキー・ナンバー(00,米)
ギグ(ティム・ロス) 01/11/22
観たんですが、あまりよく覚えていません。済みません。メインの役ではなかったような記憶。

●ザ・ダイバー(00,米)
カール・ブラシア(キューバ・グッディング,Jr.) 01/11/02
小山さんの軍人役はどれもいいですね。厳しい上官との葛藤・対立からいつの間にか信頼関係へ、という話の場合、厳しい上官の吹き替えはベテランの渋い声優さんが来られるので、小山さんとのやり取りが本当に贅沢な感じです。セリフ以外の無言の部分に込められた感情の動きまで素晴らしいです。
●バンパイアハンターD(01、日米共同製作)
治安官 01/10/17 *劇場公開時には、吹替版なし
これは、劇場公開の字幕版をわざわざ茨木の映画館まで観に行った。決して得意分野な作品じゃないのに、何を血迷ったのか(笑)。セリフがほんとうに少ないですが、さすがやっぱり小山さん、光ってます。

●バガー・ヴァンスの伝説(00,米)
バガー・ヴァンス(ウィル・スミス) 01/09/07
これは、とっても透明な不思議な雰囲気で、ほかの吹き替えにはない演技で、おすすめです。どこからともなくあらわれて、傷ついている主人公の若者を励まして、去っていく。風の又三郎みたい!いや、冗談じゃなく。ちょっとうまく言葉で言えないので、ぜひ観てみてください。小山さん、上手いな~と再認識させられる吹き替え。

●ザ・ウォッチャー(00,米)
ジョエル・キャンベル(ジェイムズ・スペイダー) 01/08/24
テレビ版(2005年4月21日放送、テレビ東京・木曜洋画劇場)でキアヌ・リーブスの吹き替えをされたのよりも、このDVD版のほうが私は好きです。恋人を殺されたトラウマが去らず、悲しみを抱えている設定が私好みで、最初のほうの精神的にぼろぼろな時期の演技もいいし、捜査官として動き出してからの、きびきびした感じもいい。そして、ラストの緊迫した対決もいいです。映画的には、キアヌが出ていても地味な作品だと思いますが、小山さんファンとしては見所が多くておすすめです。

●フロム・ダスク・ティル・ドーン3(00,米)
ジョニー(マルコ・レオナルディ) 01/07/27
ジョージ・クルーニーではありませんが、ネタとして一度は観ておきたい映画ですね。結構楽しめました。今の小山さんとはまた違う魅力が、初期の頃の吹き替えにはあります。

●サウスパーク 無修正映画版(00,米)
ゴーシュ医師(ジョージ・クルーニー) 01/07/06
これもネタとして観ておくべき映画。当時は、結構話題になったんですよね。出番はそんなに多くなかったと思いますが、楽しめました。

●バトルフィールド・アース(00,米)
カー(フォレスト・ウィテカー) 01/05/11
これも観たはずなのですが、ジャンル的に得意分野でなく、覚えていません。

●NY殺人捜査線2(99,米)
クリスチャン・ボックス(ウィリアム・ボールドウィン) 01/04/27
たしか妻を殺されて、傷ついている役です。全体的に悲痛な雰囲気があるのがいいです。

●美術館の隣の動物園(98,韓国)
チョルス(イ・ソンジェ) 01/04/18
これもラブコメです。とても暖かい、いい映画です。最初は反発してるのにだんだん距離が縮まっていって、最後はハッピーエンド。何度も見直したくなる。小山さんの吹き替えは、役柄的に、無骨、不器用で、誠実な人で、その雰囲気がすごく素敵に出ています。掲示板の2002年2月4日付けの私の書き込みで「ひょんなことから、しばらく一緒に暮らすことになったふたり。女の子は、シナリオ懸賞に応募してて、パソコンで原稿書いてるんだけど、それを男が「そんなんじゃだめだ。」とか言って書き換えたりして二人でお話を創っていく。そういう展開なので、シナリオを二人で読み上げるシーンが、何度も出てきます。ここも、いいですよ。朗読というのではないけど、ふつうのセリフでもない。さらっと読み上げてる感じが素敵です~~。」と書いてます。本筋もいい映画なのですが、完成途中の脚本をさらさらっと映画中で読み上げる、この場面が忘れられません。

●チューブ・テイルズ(99,英)
「GRASSHOPPER」 ミスターX(スティーヴン・ダ・コスタ)、「STEAL AWAY」 01/03/23
9話オムニバスの映画。上に挙げた2つのほかにも出てらっしゃったような気がする。作品的に、9話ともどれもとても面白いので、結構おすすめですよ。

●ラビナス(99年,米)
ジョン・ボイド大尉(ガイ・ピアース) 01/03/02
『ラビナス』は意外とおもしろいです。柔らかい男前系ですね。清潔感のある雰囲気。ガイ・ピアースの雰囲気に小山さんのハンサム声がとてもよく合っています。
[PR]

by lily63 | 2010-11-13 17:53 | 映画・海外ドラマ | Comments(0)

<< 2010年に行った展覧会 『ある馬の物語』千秋楽の日付、... >>