『GSG-9』シーズン2視聴完了!感想   

もうかなり前になってしまいましたが、『GSG-9』シーズン2を見終わりました。
各回、おもしろく拝見しました。

ゲストの方の吹き替えも、豪華な方が登場されたりして、毎回とても丁寧に作られた日本語版だなあと思いました。セリフのないシーンでさえも、チームメンバー同士の心の通い合い(反発することも含めてとても濃い関係)、というのが、いつも画面に出ていたように思いました。今シーズンから登場のフレディー=檀臣幸さんも素敵でしたよね。

今シーズンは、シーズン1よりも、犯人の人間的な背景(家族を愛する普通の人なのだが、何らかの重い背景があるとか)と心情を丁寧に描いた回が多かった印象があります。神父さんの出てきたエピ(名前忘れました、済みません!また調べておきます。)は、とても心に残っています。
コニーの結末は納得いきませんが(泣)。あんまりチーム内で恋愛ネタは、やってほしくなかったなあというのも思ったところでして。あ、でも、ヘルムホルツは好きですよ。仕事ができてかっこいい。ちょっと眉間にしわを寄せたような表情で、パソコンをさわってるところがかわいいですね。冠野智美さんの吹き替えも、クールビューティーで素敵でした。

あ、私はメンバーの中では、ゲープは別格としましても、デミアが一番好きでしたよ。

地味で無骨なゲープ。家族を愛する平凡な勤め人としての面。チームリーダーとしての有能さ。!小山力也さんの吹き替え!という感じではない、芝居のアンサンブルを大切にした、前に出過ぎない、引っ込みすぎない芝居。ドラマとしても、吹き替え版としても、とてもいい作品だったなあと思います。

(当ブログ関連記事)
http://lily63.exblog.jp/7674396/

http://lily63.exblog.jp/7972650/
[PR]

by lily63 | 2009-06-13 14:41 | 映画・海外ドラマ | Comments(0)

<< 淀屋橋から梅田 6月! >>